自宅でできる大腸がん検査キットを試した結果は

この所便秘というわけではないのに異様にお腹にガスが溜まります。

家にいる時は出せばいいのですが(失礼)外出時はそういう訳にもいかず、ついつい我慢してお腹が痛くなる、なんてことが頻繁に起こるようになりました。お腹が張って時には激痛が走りトイレに駆け込むこともあって、すっきりしない日が続くと気分まで憂鬱になるんですよね。

野菜を多めに食べたりヨーグルトを食べてみたりもしたのですがなかなか改善されず、一度病院で診てもらうことにしました。その帰りの記事がこちらです↓

コストコの調剤薬局は隠れた穴場だった
先日体調を崩して病院に行った帰り、いつもだったら近くの薬局でお薬を処方してもらうところ、ふと思い立ってコストコ内の調剤薬局に行ってみました。...

病院ではレントゲンと超音波で診察してもらいました。レントゲンの画像には黒っぽく写った箇所がいくつかあって、普通の人よりもガスが溜まっているみたい。超音波検査は子どもを産んだ時以来ですので、もう何年ぶりでしょうか。プローブでぐりぐりとお腹を押される感覚はくすぐったくていつまで経っても慣れませんね。。

とりあえず腸閉塞などの疑いはないとのことでしたので、整腸剤とガスを抑える薬を処方してもらい様子をみることになりました。

ガス溜まり薬

タンナルビン「ホエイ」・・・下痢止め

ビオフェルミン・・・整腸剤

ガスコン・・・おならを抑える薬

で、1週間飲み続けたものの、やっぱりガスが止まりません(失礼)。たかがオナラ、されどオナラ。。心配になってネットで調べてみると「大腸癌の疑いもあり」なんて恐ろしいことも書いてあって、ますますお腹に悪影響を与えてしまいます。

そういえば診察してもらった時に、医師に「一度大腸がん検査を受けてみてもよいですね。」と言われたんです。ただ病院で受けるとなると、下剤を飲んだり検査に一日取られたりとかなり大掛かりになってしまうので、まずは手始めにと自宅でできる大腸がん検査キットというものを試してみました。

自宅で便を2回採取し、便に含まれる血液の量をng(ナノグラム)の単位で測定し、大腸ポリープや大腸癌などのリスクを知ることができる便潜血検査と言われている方法です。市町村や会社の健康診断で受けることもできますが(年齢やオプションなどの制限あり)、今まで一度も受けたことがありませんでした。

因みにナノグラムとは十億分の一グラムのこと。さらにその下はピコっていうらしいです、ピコ!

この便潜血検査で陽性になった場合、病院で大腸内視聴検査でより精密な検査を行うのが一般的のようです。

スポンサーリンク

アマゾンで検査キットを購入してみました

大腸がん検査キットはネットで簡単に購入することができます。私が購入したアマゾンでは2260円。発送も早いので思い立ったらすぐに検査できて便利です。

大腸がん検査キット

届いた袋の中には申込書、採便用の容器などが入っていました。

大腸がん検査キット申込書

こちらのキットではより精度を高めるため、2日分の便を取って検査する方法が取られています。

採便ってとても難しそうですが。。こんな水に流せるシートも入っているので意外と簡単に摂ることができました(笑)

採便用らくとりシート

うまく採取後容器に入れて(笑)

採便容器

これをポスト投函すれば完了です。予め120円切手も貼られている返送用封筒まで準備されているので本当にお手軽〜

大腸がん検査キット返送用封筒

検査結果は?

キットを返送してからちょうど1週間後にセンターから「◯日に検査結果を発送します」とのメールが届き、その翌日には検査結果が届きました。申込から数えるとちょうど10日。思ったよりも早く結果が出たので余計な事を考えなくて済みました(笑)

大腸がんキット検査結果

ドキドキしながら開封してみると。。。

結果は陰性でした。

もし仮に陽性だったとしてもそれはそれで内視鏡検査を受けるきっかけになるし、結果的には病気の早期発見に繋がるのでどっちになっても良いかな、とは思っていましたがひとまず安心。

となると後は腸内環境を整えてみよう、とお腹に良いものを色々と試してみたところ、

カイテキオリゴ

カイテキオリゴ・・・お通じはよくなりますがガスには効果なし?

ビフィコロン

ビフィコロン・・・只今継続中。

私の場合は納豆+めかぶの組み合わせが一番効果が出ました。

めかぶ納豆

毎朝めかぶ納豆を食べるようにしたところお腹が張る頻度が随分と減ったので、ヨーグルトなどで効果がない方は一度お試しあれ。

何はともあれ健康って大事ですよね。体調を崩して初めて分かる健康のありがたさ、しみじみと感じています。

 楽天で大腸内視聴検査キットの口コミを見る

<関連記事>

お腹のガス溜まりに効果があったのはビフィコロンではなく乳酸菌革命でした(私の場合)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする